読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワアソビ

北国で小さな庭作りを楽しんでいます。

プリムラ オーリキュラとクレマチスの種蒔き

宿根草

3連休も終わり、今日は朝から大雪です。

もう少ししたらお買い物に出たいんですが、久しぶりの雪道なので車を出すのが心配…。

 

さて、週末は種蒔きをしましたよ!

いつもは2月の終わり位から始めるので相当気が早いですが、芽が出るのに時間がかかることも多いようなので実験的に半量を、そして今回はジベレリンを使ってみました。

 ジベレリンとは、本来冬の寒さを経験してから春に芽を出すタイプの種に春化処理を行って芽を出しやすくする薬剤です。(その他の使い道ももちろん沢山あるようですが

ネットで調べるとよくクレマチスの種蒔きに使用されているようで、私も今回使ってみました。

私が購入したのは下記の錠剤になっているタイプです。

ジベラ錠5 5錠入

価格: 972円
(2015/11/24 10:56時点 )

私のやり方はというと。

1錠を半分に割って、25㏄の水で溶いて溶液を作りました。

濃度はその都度必要に応じて調整してみて下さいね。

蒔きたい種を小さく切ったキッチンペーパーに包み、そのまま浸します。

その状態で数時間置いて十分水分を含んだ状態にしてから種を取り出し、清潔な鹿沼土に蒔きました。

鹿沼土は初めに十分湿らせておき、種を蒔いてから霧吹きで少し湿らせるようにしました。

f:id:pemberton:20151124110554j:plain

3種、プリムラ オーリキュラとクレマチス セラティフォリア、レンゲショウマです。

クレマチスのみ覆土をし、プラケースに入れて湿度を保った状態で発芽を待ちます。

 

前回クレマチスの種蒔きをした時には種蒔き・挿し芽用の土を使ったのですが、個人的な感触としては鹿沼土赤玉土の方が使いやすいですね。

そうそうオーリキュラの種はとても小さいので、ピンセットを用意した方が良いですよ!

ある程度の大きさになったらポット上げし、通常の管理で育苗です。

が、まずは発芽してくれることを願ってじっくり待ってみたいと思います。

 

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

広告を非表示にする